Top >  習い事とは >  伝統的な習い事とは

伝統的な習い事とは

お子さんの習い事が多様化していますが、モダンなものよりも伝統的なものを習わせたい親御さんには日本舞踊がオススメです。
日本舞踊といえば、漠然と和服を着て踊るというイメージしかもてない人も多いのではないかと思いますが、日本舞踊というのは実に歴史の長い日本独自のダンスなのです。
日本舞踊は江戸時代初期から現在に伝わる踊りです。
いまでは約200以上の流派があります。
そのなかでも比較的に有名なのが花柳流、藤間流、若柳流、西川流、坂東流の5つの流派です。
それぞれ違ったスタイルをもっているのは、古くから伝わる茶道や華道でも同じことがいえますね。
また、日本舞踊は日本の伝統芸能として、海外でも高く評価されています。
神社などの行事のなかでもお子さんの日本舞踊の披露会がありますので、見かけたこともあるかもしれませんが、日本舞踊を習う小さなお子さんはしっかりしつけもできています。

 <  前の記事 日本舞踊のメリット  |  トップページ  |  次の記事 社交ダンスのいいところ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/470

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「子供のお稽古事いろいろ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。