Top >  習い事・・・文化系 >  子どもの学習塾

子どもの学習塾

いまどきの子どもは道草を食うことも、草野球する機会も徐々に減ってしまって、小さいうちから学校のほかに習い事や学習塾に通っているお子さんが多いようです。
ひとむかしまでは、大学受験のときにいよいよ本腰を入れて塾に通い始める人が多かったのと比べて、いまはごく当たり前のように小学校から多くのお子さんが学習塾に通っているのです。
学習塾といっても、学力を伸ばすための塾のほかに、進学や受験を専門とするスペシャリストによる進学塾があるのです。
もちろん、この進学塾に通うからには特別な指導内容にしたがって、希望校に合わせた受験のコツをつかんでいくのです。
日本をはじめとするアジア諸国では子どもが学習塾に通う年齢層が小学校の低学年からがほとんどで、小学校の4年生くらいになるとさらにその数は増えて、5、6年生はほぼクラスの半数のお子さんが学習塾に通う傾向にあるようです。

 <  前の記事 学習塾の内容とは  |  トップページ  |  次の記事 将来の職業のステッピングストーンに  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/436

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「子供のお稽古事いろいろ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。