Top >  習い事・・・文化系 >  こどもの習い事:バイオリン

こどもの習い事:バイオリン

お子さんに習わせたい楽器の上位を占めるのがピアノに続いて、バイオリンが大人気であるといえます。
バイオリンといえば、場所をとらず、手がまだ小さいうちから習うことができる弦楽器の一つで、4本の弦を弓で引くことで音が発するのですが、基本的に誰がバイオリンの弓を引いても音は出ますので、比較的に習い始めやすい楽器であるといえます。
バイオリンは全長が約60cmで、重さ約500gと非常にコンパクトなため、どこでも即座に出して弾けることに人気があるようです。また、バイオリンは柔らかい木の表板に覆われて、硬い木で側板を使う木製のものが多く、渋めのカラーと、なめらかなラインにキュートな形も人のハートをつかんでいます。
弦を指で弾くだけできれいな重みのある音がバイオリンのボディ全体を通じて伝わりますので、とても魅力的な楽器だといえます。

 <  前の記事 バイオリンの魅力とは  |  トップページ  |  次の記事 学習塾の内容とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/438

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「子供のお稽古事いろいろ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。